みなさん、こんにちは。

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜、

カウンセラーの金子ともやです。

▶ 金子ともやのプロフィール

 

前回はアスペルガー症候群の方との

コミュニケーション術をご紹介しました。

▶ 前回のブログはこちら

 

今回は恋愛、交友に焦点をおいて

お話したいと思います。

 

 

実は悪気はない!?アスペルガー症候群のコミュニケーション

 

アスペルガー症候群の方は、

コミュニケーションや社会性に偏りがあるため、

悪気はないのに相手を傷つけてしまうことがあります。

 

例えば、

「太っているね」

「その洋服ダサいね」

など、

 

自分が感じたことをそのまま話しかけて

しまうことがあります。

 

アスペルガー症候群の方の特性として、

相手の表情や気持ちを読み取ることを

苦手としています。

 

こういった発言をしてしまう原因の

ひとつでもあるでしょう。

 

しかし、本人にとっては悪意があるわけではなく、

コミュニケーションをはかっているだけなのです。

 

こういったケースが続くと礼儀を知らない人、

付き合いづらい人と思われてしまうでしょう。

 

少しでも思い当たる人は、

「自分が言われて嫌なことは人にも言わない」

ということを心がけると良いでしょう。

 

 

恋愛や結婚がなかなかうまくいかない理由

 

恋愛においても、アスペルガーの方は

相手の気持ちや状況を把握することを

苦手としています。

 

例えば、

「職場でとても優しく親切に接してくれたので、

自分に好意を持っているだろう」

と勘違いして、相手に告白して困惑されてしまうのです。

 

また、想像力が乏しいというアスペルガーの特性から、

どうすれば異性に喜んでもらえるか、

恋愛がうまくいくかが分からないケースもあります。

 

そのため、ドラマや映画をお手本に

主人公の行動をそのままマネをしてしまう人もいます。

 

現実の恋愛では、お互いの気持ち尊重し、

伝え合う視線やしぐさなどのサインが

とても大事です。

 

しかし、アスペルガーの方は、相手の表情やしぐさから

サインを読み取ることを苦手としています。

 

その結果、一方通行になり失敗することが多く、

次第に恋愛に対して消極的になってしまうのです。

 

また、自己嫌悪に陥ってしまう人もいます。

 

恋愛や結婚を成功させるためには

相手を尊重する意識を持ってこそ、

長続きするでしょう。

 

 

アスペルガー症候群の恋愛の悩みはどう解決すればいい?

 

アスペルガー症候群の人が恋愛で困った場合、

絶対に自分ひとりでなんとかしようと考えては

いけません。

 

恋愛に関して正しい答えというものはありません。

 

だからこそ、悩みを相談できる場を

もっておくことが大切です。

 

相談できる人の例として、家族や友人、

または医師や心理カウンセラーなどが

1番身近だと言えます。

 

逆に身近な人に相談するのが難しい場合は、

役所などの自治体、もしくは相談支援を

行っている機関に相談するのもひとつの手段です。

 

1番大切なことは、自分の悩みや問題を

自分ひとりで抱え込まないことです。

 

誰かに相談するというのは勇気が必要かも知れませんが、

このブログを読んでくれたあなたなら、一歩前進することが

できますよね?

 

ひとりで悩まず勇気を出して行動してくださいね。

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜
筆:金子ともや