心の扉メンタルカウンセリング横浜、カウンセラーの杉本もゆるです。

▶ 杉本もゆるのプロフィール

 

突然ですが、「メンヘラ」という言葉を聞いたことはありますか?

2010年頃から2ちゃんねるを中心に広まりだした言葉ですが、現代ではネットだけでなく日常的な会話でも使われることがある程になりました。

 

自分の恋人、もしくは自分自身、もしかしてメンヘラではないですか?

そのメンヘラの奥には、何か心の病気が隠れているかもしれません。

 

今回はメンヘラ度チェックをしていきながら、メンヘラの人が陥りやすい心の病気についてお話ししていきます。

 

 

リク♂リク♂

「メンヘラ」という言葉はよく聞くけど、本当の意味を理解していない人が多いみたいだよ。またメンヘラと心の病気には「深い関係性」があるみたいだね。

コハク♀コハク♀

今回はセルフカウンセリングで「メンヘラ危険度チェック」もできるから、気になる人にはぜひ参考にして欲しいわね。それではもゆる先生よろしくお願いします!

 

そもそも「メンヘラ」って何?言葉の由来は??今さら聞けない「メンヘラ」に対する誤解!!

 

まずは、メンヘラの基礎知識からお話ししていきます。

メンヘラという言葉の由来は、「メンタルヘルス」という言葉からきています。

日本語で言うと「精神的健康」という意味です。

 

「メンタルヘルス」「メンヘル」「メンヘラ」
というように言葉が変化していったといわれています。

 

かつては、2ちゃんねるでメンタルヘルスについて悩んでいる人たちが、自分たちを呼び合うために「メンヘル」という言葉を使っていたといわれています。

 

それがいつの頃からか、語感の良さも相まって「メンヘラ」になり、そののち、メンタルヘルスで悩んでいる人に限らず、もっと広い範囲で、精神的に不安定な人や心に闇を抱えた人、自傷行為をする人なども含まれるような言葉になっていきました。

 

現在では、「メンヘラ=○○」という定義はありません。

差別用語などと比較すると、もっと軽いイメージの言葉になります。

 

ただし、しっかりとした言葉の定義がないため、言葉を受け取る側の持つイメージによって、印象は大きく変わります。

そのため、人に使うには注意が必要です。

つまり、総じてあまり良い言葉ではない、ということです。

 

 

ひょっとしてあなたの恋人は「メンヘラ」かも!?セルフカウンセリングで今すぐ「メンヘラ危険度チェック」!!

 

自分はもちろんのこと、あなたの恋人はメンヘラではありませんか?

まずはセルフカウンセリングしてみましょう。

恋人のことを想像しながら回答してもOKです。

 

メンヘラ-セルフカウンセリング10

  • 下記の①~⑩の質問に「YES」か「NO」で答えてください。
  • 「YES」の数を数えてください。
いつもマイナス思考だ。
感情の起伏が激しい。
人からどう見られるかをとても気にする。
異性の友達が極端に多い。
友達にも嫉妬する。
恋人に尽くしすぎてしまう。
心配性だ。
恋人と何かあるとすぐに「別れる」と言ってしまう。
浮気されやすい。
SNSでマイナス発言が多い。

 

 YESの数が0個
あなたはメンヘラではありません。このまま自分に自信をもって、毎日楽しく過ごしましょう!
 YESの数が1~2個
メンヘラ度は低いです。自分自身に磨きをかけて、もっと自信を持てるようになれば日々の不安も吹き飛ぶでしょう!大丈夫です!
 YESの数が3~4個
少しメンヘラ的なところがあります。ストレスを上手に解消したり、人に素直になったりするのが苦手ではありませんか?ストレス解消できる方法を探したり、相手に自分の気持ちを上手に伝えられるように、コミュニケーションスキルを学んだりすると良いでしょう。
 YESの数が5個以上
メンヘラ度高めです。周囲や恋人から扱いづらい…と思われてしまっているかもしれません。一人で抱えきれない悩みは誰かに相談をし、医療機関やカウンセリングを受けるのも良いでしょう。決して一人で悩まないように!

 

 

メンヘラ…その奥に心の病気が隠れているかも!?絶対に放置せずに精神科や専門のカウンセリングを受けることが大事!!

 

セルフカウンセリングの結果はいかがでしたか?

YESの数が多かった人は、もしかしたらただのメンヘラではないかもしれません。

少し人よりも“心が不安定”なだけ…と思っているかもしれませんが、その奥には心の病気が隠れている可能性があります。

 

考えられるものとしては、うつ病、パニック症、境界性パーソナリティ障害、ADHD、アダルトチルドレンなど。

また、そこから派生して、摂食障害や、共依存、恋愛依存、セックス依存などの依存症に発展する可能性もあります。

 

“不安定な心”を軽く捉えないでください。

身体に出来た傷と同じように、心にある傷も大きいものなら治療しないと治りません。

むしろ身体の傷よりも心の傷の方がやっかいなのです。

 

人に頼ることを恐れず、心の深くを誰かに打ち明けてみてください。

そして、場合によっては精神科や心療内科にかかったり、詳しい知識を持ったカウンセラーからカウンセリングを受けたりすることをおすすめします。

 

メンヘラという言葉で簡単に片づけず、心を健康にして生きやすい人生を送れるようにしていきましょう!

 

杉本もゆるでした。

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜
筆:杉本もゆる

 

リク♂リク♂

もゆる先生ありがとうございました!最後まで読んでいただきありがとうございます!

コハク♀コハク♀

良かったら「いいね」や「ツイート」などお願いします!また他の記事もぜひ読んで参考にしてくださいね!