自撮りが大好きで、自撮り画像を毎日SNSにアップしているスマホ依存症の女性

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜、カウンセラーの杉本もゆるです。

▶ 杉本もゆるのプロフィール

 

Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)など、画像や動画を投稿するSNSが大流行していますね。

 

ペットの画像を投稿したり旅行先の動画を投稿したり、使い方は人によって様々ですが、芸能人でもないのに自撮りの写真ばかり頻繁に投稿している人をたまに見かけます。

 

最近では、自撮りの写真を加工できるアプリもたくさんあり、本来の自分よりもかわいく、かっこよくした写真に加工してSNSに投稿している人が少なくありません。

 

自撮りが多彩化している今日ですが、自撮り好きな人にはどのような心理が働いているのでしょうか。

 

今回は、自撮り好きな人の心理や隠れた心の病気、改善策についてお話ししていきます。

 

ルーク♂ルーク♂

今の世の中は、画像や動画を簡単にSNSにアップできる便利な時代になったけど、本来の楽しみ方を超えて、自撮りの写真ばかりを毎日何度も投稿している「自撮り好きな人」って結構たくさんいるみたいだね。自撮りするのが好きなだけならいいけど、実は心に問題を抱えているケースも多いみたい。「自撮り好きな人」にはいったいどんな心理が隠されているのかな?

シェリ♀シェリ♀

今回は「自撮り好きな人」に共通する「6つの心理」や「隠された心の病気・リスク」などについて詳しく紹介されているみたい。それにセルフカウンセリングで「自撮り好きな人の心理」を自己分析できるから、「自撮りをするのが好きな人」「SNSにハマっている人」には特に参考にして欲しいわね。それではもゆる先生よろしくお願いします!


【よく読まれているおすすめの関連記事】

 

 

「自撮り好きな人」にも限度がある!?ナルシストを超越した「自撮り依存症」「セルフィー依存症」とは!?

自撮りに囚(とら)われるのは精神病!?

「自撮り依存症」もしくは「セルフィー依存症」という言葉があることを知っていますか?

2014年にアメリカで生まれた新しい言葉で、米国精神医学会が出したものです。
※アメリカ精神医学会「ウィキペディア(Wikipedia)」

 

ギャンブルやアルコールなどと同様に、自撮りも依存症になり得る対象として警鐘を鳴らされており、今では正式に依存症の一つとされています。

 

自撮り依存症になると、いつどこにいても自撮りしないと気が済まない、落ち着かない状態になり、自撮りがやめられなくなってしまうのだそうです。

 

年がら年中自撮りしている人がいるとしたら、それは単なるナルシストなどの言葉では片付けられない、れっきとした自撮り依存症という病気なのかもしれません。

 

 

「ナルシスト」「コンプレックス」「承認欲求」!?「自撮り好きな人」に共通する「6つの心理」とは!?

セルフカウンセリングで分析する「自撮り好きな人の心理」

それでは、自撮り好きな人の心理を6つ説明していきます。

この6つの説明を読み進めていきながら、セルフカウンセリングで自己分析してみましょう。

 

あなた自身に共通するものがあるかをイメージしたり、身近で当てはまりそうな人をイメージしたりするととても効果的です。

 

【自撮り好きな人の心理①】自己顕示欲が強い

人から注目されたい、目立ちたい、自分をアピールしたいという気持ちが非常に強い人です。

 

人から認めてもらいたい気持ちが強く、いつも欲求が満たされていない、日常に物足りなさを感じている人です。

 

【自撮り好きな人の心理②】負けず嫌い

他人よりも美しくありたいという気持ちから、たくさん自撮りをしてその中でより良く写っている写真を探します。

 

また、SNSに投稿して友達がたくさんいるように思われたかったり、私生活が充実しているように思われたかったりと、見栄っ張りなところがあります。

 

【自撮り好きな人の心理③】撮られることに慣れ過ぎている

幼い頃から家族から写真やビデオをたくさん撮られている人や、モデル業などをしていたことがある人は、撮ったり撮られたりすることに違和感や抵抗がありません。

 

そのため、写真や動画を撮って人に見せることは当たり前なことになっているのでしょう。

 

【自撮り好きな人の心理④】ナルシスト

とにかく自分が大好きな人です。

 

ちょっとくらい恥ずかしいポーズなんてお手の物で、自分が主役になれる自分だけの自撮りは特に大好物です。

 

プライドが高い傾向はありますが、実は劣等感を抱えているのを潜在意識が隠そうとして、ナルシストになっているのかもしれません。

 

【自撮り好きな人の心理⑤】容姿にコンプレックスがある

自分の顔や体型などの容姿に、強いコンプレックス(劣等感)がある人です。

 

工夫した撮り方や加工することによってそのコンプレックスを隠し、理想の自分に近づくことができるため、自撮りが大好きです。

 

鏡を見る代わりに自撮りをしているような感覚です。

 

【自撮り好きな人の心理⑥】承認欲求が強い

人から存在を認められたい、褒めてもらいたいという気持ちが非常に強い人です。

 

自分に自信がなく劣等感が強いので、良く撮れた写真や動画をSNSに投稿して他人から反応されることで、喜びを感じています。

 

 

セルフカウンセリングの自己分析はいかがでしたか?

自分や身近な人に当てはまる項目はありましたか?

 

自分や身近に当てはまる項目があった人は、自撮りという誰もが簡単にできるような行為でも、依存症になる可能性があるということを頭に入れ、自撮りやSNSとの関わり方を今一度見直していきましょう。

 

 

「ただの自撮り好き」では済まされないかも!?「自撮り好きな人」に隠された「心の病気」とは!?

普段の生活を見つめ直す「あなたの心は大丈夫??」

自撮り依存症という心の病気が新たにできたということは前述しましたが、自撮りがとてつもなく好きな人には、他にも心の病気が隠れている可能性があります。

 

自撮り依存症の他に、自分の外見を過剰なまでに醜いと思い込み、自己否定・自己嫌悪に苦しむ醜形恐怖症という病気がまず考えられます。

 

また、ネット依存症。

 

これは自撮り依存症と同様に依存症の一つで、パソコンやケータイなどのネット環境に触れて、常にチェックしていないといられない依存症です。

 

そして、境界性パーソナリティ障害の可能性も考えられます。

 

自己肯定感がとても低く、感情のコントロールが上手にできない依存症も併発しやすい心の病気です。

 

上記にあげた例以外にも、心の病気になりかけている、または既にかかっていることがあるかもしれません。

 

不安に思った人は軽い気持ちで大丈夫なので、専門のカウンセラーなどに相談してみると良いでしょう。

 

 

【まとめ】「自撮り好き」と「依存症」は紙一重!大切なことは「自分を尊重すること」と「生きている自分に感謝すること」!!

自撮りに囚われている心を落ち着かせるためにできる改善策

思い出の一つや記念として、そして自分の顔を知ってもらうためなどとして自撮りをすることは決して悪いことではありません。

 

自分を少しでも美しく見せようと思うのも、いつの時代も変わらぬ人間の望みです。

 

しかし、もしも加工にとてつもないこだわりがあったり、加工しないと自分の顔に納得がいかなかったりするのであれば、また、SNSに投稿してイイネやコメントがたくさん欲しい、反応がないと落ち着かなくなるなどの精神状態が不安定になることが頻繁なようであれば、認知行動療法などの心理療法を使って、認知の歪みを改善していく必要があります。

 

精神科や心療内科などの医療機関で診察を受けたり、専門のカウンセラーからカウンセリングを受けたりするのが良いでしょう。

 

あなたは世界でただ1人の「あなた」です

ありのままの自分を認め、自分を好きになり、自信をつけることが大切です。

 

そして、劣等感を見つめ直し、自分の心の奥にあるインナーチャイルドを見つけ出し、払拭していきましょう。

 

また、自分でもSNSの投稿や閲覧を控えて、接触を少しずつ減らしていくように心がけましょう。

 

色々な機能が増えた自撮りは、本来とても楽しめるものです。

しかし、それを素直に楽しめず、のめり込み心をかき乱されてしまっては元も子もありません。

 

健康的に写真撮影やSNSと関われるようになれるといいですね。

外見ばかりに囚われず、自分の心の奥底に目を向け、心の声に耳を傾けてあげましょう。

 

外見だけでなく、心も美しくありたいものです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

杉本もゆるでした。

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜
筆:杉本もゆる

 

ルーク♂ルーク♂

もゆる先生ありがとうございました!最後まで読んでいただきありがとうございます!あなたのお役に立てれば幸いです!良かったら「いいね」「ツイート」などよろしくお願いします!!

シェリ♀シェリ♀

ほかの記事もたくさんあるので読んでもらえると嬉しいです!無料メルマガもぜひ登録してみてください!只今プレゼントキャンペーン中です!▶ 詳しくはココをクリック!!

 

 

 

あなたに合ったカウンセラーの選び方カウンセリングを受けてみましょうカウンセリングの方法・流れカウンセリングの料金・相場カウンセリングを初めて受ける方へお客様からよく頂くご質問(Q&A)ご質問・ご相談・ご予約は全国対応24時間OK