お金がなくてもクレジットカードで沢山の買物をしてしまう借金癖のある女性

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜、代表カウンセラーの遠藤まなみです。

▶ 遠藤まなみのプロフィール

 

あなたのまわりに借金癖のある人はいませんか?

お金に困れば、電話一本で直ぐにカードが作れてキャッシングができる、便利な時代ではあります。

 

そこが落とし穴だと気づく人はどのくらいいるのでしょうか?

 

ポイントが付くからと何でもカード払いにしてしまい、気がつくと相当の金額になっていた…なんてケースは経験したことがあると思います。

 

その借金癖のある人はどのように考え、どのような気持ちでお金を借りているのでしょうか?

その特徴を探っていきたいと思います。

 

自分もそうだ、周りにそういう人がいるという人はセルフカウンセリングしながら読み進めていただけたらと思います。

 

リク♂リク♂

常に物々交換が当たり前だった大昔と違って、現代ではお金という便利なものがある一方で、所持しているお金を使い果たし、すぐにお金を借りてしまう「借金癖のある人」って世の中にかなり沢山いるみたいだね。そんな人にはいったいどんな心理が隠されているのかな?借金癖を治す方法はあるのかな?

コハク♀コハク♀

今回は「借金癖のある人」に共通する「9つの特徴」や「6つの改善方法」などが詳しく紹介されているみたいね。それにセルフカウンセリングで「借金癖のある人の心理」を自己分析できるから、「何かあるとついついお金を借りてしまう人」「身近に借金癖のある人がいる」という人にはぜひ参考にして欲しいわね。それではまなみ先生よろしくお願いします!


【よく読まれているおすすめの関連記事】

 

 

「プライドが高い」「ギャンブル好き」「収入が高い」!?「借金癖のある人」に共通する「9つの特徴」とは!?

セルフカウンセリングで見えてくる「借金癖のある人の心理」

それではまず「借金」について、そもそもどういった意味があるのでしょうか?

借金とは
お金(金銭)を借りることである。
また、借りたお金のことも指す。
会計、経理用語では借金のことを借入と言い、負債という鑑定科目に入れる。
なお日常語では、企業などが取引先や金融機関から借りる借金であることを強調して
「借入金」と言う場合が多々あるが、しかし会計学上はそのような決まりは無い。

 

お金を借りるということは決して悪いことではありません。

  • 学校に行くために奨学金を借りる。
  • 家や車を購入するためにお金を借りる。

 

これらは計画に基づいてする借金です。

しかし、借金癖がある人は計画性のない借金をしてしまいます。

 

払えるかどうかが関係あるのではなく、「それが欲しい」という本能で借金をしてしまいます。

 

それでは借金癖のある人の特徴を書かせていただきます。

自分に当てはまる箇所がいくつあるかセルフカウンセリングしながら読み進めて下さい。

 

【借金癖のある人の特徴①】プライドが高い

借金癖を持っている人は見栄っ張りでプライドが高い人が多いと言われています。

自分の対面を保ちたいために、ブランドのものを持ったりします。

 

人からすごいと思われたいという承認欲求があります。

そのために、欲しいと思うとついつい買ってしまいます。

 

【借金癖のある人の特徴②】自制心が弱い

借金癖を持っている人は我慢することが苦手です。

普通は、欲しいものがあってもお金がないから我慢しなくてはいけないと思えば買う事を控えます。

 

ですが、借金癖のある人は本能で生きていますので自制することができません。

 

【借金癖のある人の特徴③】親も借金癖がある

普通の人は借金に対して、ハードルが高いものです。

ですから、親に借りるというのはよくあると思います。

 

しかし、友人から借りる、消費者金融から借りる、キャッシングサービスを利用するのは、家族がそれをやっている場合は、ハードルが低いため自分もお金がなければ借りるという発想になっています。

 

【借金癖のある人の特徴④】どんぶり勘定

借金癖のある人は考え方がすごく甘い考え方をします。

まだ、手のひらにのっていないお金も、来月入るから借りても返せると思ってしまいます。

 

しかし、生活していれば予定通り行かない時も沢山あります。

それを、きちんと考えることができません。

 

いわゆるどんぶり勘定で生活をしています。

 

【借金癖のある人の特徴⑤】噓つき

お金がない気持ちに嘘をつき、お金を借りてまで自分を満足させようとしてしまいます。

 

また、借りる為に嘘をつき、返済ができないと嘘をつき、バレないようにするために嘘をつくといったように、嘘をつくことが多くなります。

 

【借金癖のある人の特徴⑥】ギャンブルが好き

借金癖のある人の特徴としてギャンブル好きだと言われています。

パチンコに競馬、競輪、ボート、賭けマージャンと賭け事は沢山あります。

 

お金をかけることはスリルがあり、儲かると又やりたくなります。

損をすれば、それを取り返そうと又、ギャンブルをします。

 

お金がなくなれば借金をしてまでやってしまうダブル依存症の始まりです。

 

【借金癖のある人の特徴⑦】物事に対してルーズ

借金癖のある人の特徴として無計画、ルーズな人のようです。

お金にだらしない人は全てにだらしないと言われています。

 

時間を守る、部屋をきちんと片付けることができません。

 

【借金癖のある人の特徴⑧】現実逃避

借金癖のある人の特徴として現実逃避型の人が多いと言われています。

 

借金が返せなくても、膨れ上がっても何とかなるだろう…的な考えでその場その場が良ければそれで良いという考え方をします。

 

計画的に物事をするのが苦手な人のようです。

 

【借金癖のある人の特徴⑨】収入が意外に多い

これは意外と思われる人が多いと思いますが、収入が低くて借金をする人より、収入が意外に多くて安定している人の方が多重債務者になりやすいと言われています。

 

収入が安定しているために、カード会社の審査も直ぐに通り、借入枠も大きいためについつい便利に使っていると、気がついた時にはビックリするほどの額面になっています。

 

 

いかがでしたか?

借金癖のある人の特徴9個を書かせていただきました。

 

当てはまる箇所はいくつありましたか?

 

 

「借金癖の自分」をもう卒業したい!「借金癖のある人」に今すぐチャレンジして欲しい「6つの改善方法」を徹底解説!!

借金癖を治すのは「あなたの行動次第」

自分が借金癖だと思った人も自分の周りにいる人が借金癖だと思った人もいると思います。

 

借金癖でプラスになることは一つもなく、全てがマイナスです。

いち早く解決しなくてはいけません。

 

そこで、これから借金癖の改善方法を書かせていただきます。

 

借金癖から一日も早く立ち直って、自分のお金を計画的に使える人になっていただけたらと思います。

 

それでは借金癖の改善方法を書かせていただきます。

 

【借金癖のある人の改善方法①】カードを全て処分する

借金癖のある人がカードを持っていたら、お金がなくなれば又キャッシングしてしまいます。

キャッシングしないためには、手元のカードを処分することが一番です。

 

ただし、今は返済もコンビニでカード決済だという人もいると思います。

 

そのような人も、振込みするか店舗に持参するか、面倒くさいですが借金癖を卒業するには仕方ありません。

 

【借金癖のある人の改善方法②】誰かに相談する

借金癖のある人は借金をしていることを隠そうとしますが、一人ではなかなか解決はできません。

そのために周りにいる人に相談をして、カードの管理をしてもらうのも一つの方法だと思います。

 

その人と一緒に返済計画を立てて、きちんと減らすことに集中していくことが大切になります。

 

【借金癖のある人の改善方法③】弁護士に相談して債務整理をしてもらう

借金がある以上、にっちもさっちもいかない人もいると思います。

その時は、一度きちんと整理をして、新たな人生をやり直すこともオススメだと思います。

 

その時には、同じ失敗を二度としないと心に誓うことが大切になります。

 

【借金癖のある人の改善方法④】カウンセリングを受ける

借金癖のある人は借金依存症とも言われています。

もちろん色々な原因があると思います。

 

専門のカウンセラーに相談し、カウンセリングで認知行動療法を使い自分が借金癖になってしまった原因を探してもらい、お金に対しても歪みをきちんと改善してもらうのも改善方法の一つです。

 

【借金癖のある人の改善方法⑤】ストレスを溜めない

借金癖のある人はストレスを溜めやすいと言われています。

そのために、それを発散させるためにギャンブルに走ったり、買い物をしたりしてしまうようです。

 

ですので、まずはストレスを溜めないことが一番になります。

ストレスを溜めることは心身ともによくありません。

 

【借金癖のある人の改善方法⑥】計画を立てる

借金癖のある人は計画を立てることが苦手ですので、きちんと計画をたてて使えるお金、返済するお金とわけて下さい。

 

その上で、いくらまでなら使えるといったように計画的にお金を使う事をオススメします。

 

 

【まとめ】借金癖を治すなら「原因」と「対処」を明確に!大切なことは「お金とは信用である」という本質を知ること!!

「借金大王」になってしまう前に

いかがでしたか?

借金癖のある人の9個の特徴と改6個の改善方法を書かせていただきました。

 

人は後から苦しい思いをするかもしれないと思っていても、誘惑に負けてしまう動物だと言われています。

 

人に頭を下げてお金を借りるのと違い、電話一本、メール一本でお金が借りられるため、気軽に手が出しやすいのも落とし穴だと思います。

 

しかし、借金はあくまでも人のお金であって自分のお金ではありません。

必ず返済をしなくていけません。

 

借金癖がついてしまうと、周りが見かねて返済をしてくれても何度も繰り返し借金をしてしまい、 自己破産をする人も少なくありません。

 

下手をすると始めから借りるだけ借りて、自己破産すればいいという考えの人も世の中にはいるようです。

 

お金は借りたら返さなければいけません。

返すことができないまま又借りてしまう。

 

借金癖=借金依存症。

これは本当に直さなければいけません。

 

また、発達障害の傾向があるケースでも借金癖になりやすいと言われています。

専門のカウンセラーに相談し、カウンセリングを受けることをオススメします。

 

借金癖は自分だけではなく家族まで不幸にしてしまいます。

金銭感覚をきちんと身につけ、借金をしなくても生活ができるようにしないといけません。

 

あなたが本当に借金癖を改善したいと思ったら直ぐに行動するのみです。

あなたが人に迷惑をかけないで自分らしく生きられますことを願っています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

遠藤まなみでした。

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜
筆:遠藤まなみ

 

リク♂リク♂

まなみ先生ありがとうございました!最後まで読んでいただきありがとうございます!あなたのお役に立てれば幸いです!良かったら「いいね」「ツイート」などよろしくお願いします!!

コハク♀コハク♀

ほかの記事もたくさんあるので読んでもらえると嬉しいです!無料メルマガもぜひ登録してみてください!只今プレゼントキャンペーン中です!▶ 詳しくはココをクリック!!

 

 

 

あなたに合ったカウンセラーの選び方カウンセリングを受けてみましょうカウンセリングの方法・流れカウンセリングの料金・相場カウンセリングを初めて受ける方へお客様からよく頂くご質問(Q&A)ご質問・ご相談・ご予約は全国対応24時間OK