ストレスが溜まるとネットショッピングで衝動買いをしてしまう女性

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜、代表カウンセラーの遠藤まなみです。

▶ 遠藤まなみのプロフィール

 

あなたの周りに「衝動買い」をしてしまう人はいますか?

 

欲しい物があると直ぐに買いたくなる。

お金がなければカード支払いにしてまで買ってしまう人、けっこういると思います。

 

自分はそうではないと思っている人もいるかもしれませんが、周りから見たら衝動買いをしていると思われているかもしれません。

 

そこで、今回は「衝動買い」をする人の特徴や改善方法を書かせていただきます。

 

自分もそうかもしれないと思う人や、周りに衝動買いをする人がいる場合はセルフカウンセリングしながら読み進めていただけたらと思います。

 

モモ♀モモ♀

たしかに最近では、ストレスが溜まるとスマホでポチポチしながら衝動買いをしてしまう人が急増しているみたいね。未婚女性500名を対象にした「お金と衝動買い」に関する意識調査によると、だいたい2人に1人は月1回以上のペースで衝動買いをしているというデータもあるみたい。でもそんな「衝動買いをする人」にはいったいどんな心理が隠されているのかな?また衝動買いを予防する改善方法も知りたいわね。

ソラ♂ソラ♂

今回は「衝動買いをする人」に共通する「7つの特徴」や「9つの改善方法」などが詳しく紹介されているみたいだよ。それにセルフカウンセリングで「衝動買いをする人の心理」を自己分析できるから、「夜中にスマホでポチポチ買い物してしまう人」「身近に衝動買いをしてしまう人」がいる人には特に参考にして欲しいね。それではまなみ先生よろしくお願いします!


【よく読まれているおすすめの関連記事】

「キャッシュレス決済」「値引きや新商品に弱い」「ストレス発散」!?「衝動買いをする人」に共通する「7つの特徴」とは!?

セルフカウンセリングで見えてくる「衝動買いをする人の心理」

まず、衝動買いの意味は、

「買う予定はないのに、商品を見ているうちに欲しくなって買ってしまうこと

 

それでは、衝動買いをする人はどのような特徴を持っているのでしょう。

 

私たちには想像もつかない特徴があるかもしれません。

そこで、その特徴を探っていきたいと思います。

 

自分も、もしかして衝動買いをしているかも…身近な人がしている場合はチェック項目にいくつ当てはまるか、セルフチェックしながら読み進めて下さい。

 

それでは、衝動買いをする人の特徴を探っていきたいと思います。

 

【衝動買いをする人の特徴①】カード払い

人は財布にいつもお金が入っているわけではありません。

 

しかし、クレジットカードがあれば、現金がなくてもサインや暗証番号を押すだけで自分が欲しいものが手に入ります。

 

現金で買い物をする人は、お金がなければ買い物はしません。

 

しかし、クレジットカードを使う人はお金を使ったという感覚がないため、欲しい物があるとついつい買ってしまいます。

 

【衝動買いをする人の特徴②】バーゲンセールに弱い

人は値引きの品を見ると、お得だと思ってしまいます。

確かに、必要な物で値引きになっているのならお買い得品だと思います。

 

しかし、必要がない物やまだあるのに値引きされているから買ってしまうのは衝動買いになります。

 

【衝動買いをする人の特徴③】新商品が好き

衝動買いをする人の特徴として、新しい物好きだと言われています。

お店の中に新商品と書いてあったり、週刊誌に載っていたりすると欲しくなってしまいます。

 

それが、自分に必要ないものでもついつい自分の物にしたくなり衝動買いをしてしまいます。

 

【衝動買いをする人の特徴④】無趣味

衝動買いをする人の特徴として無趣味の人が多いと言われています。

趣味がある人は趣味にお金を使いますが、趣味がないため「お金を使わないと」と思いいらない物を衝動買いしてしまうようです。

 

【衝動買いをする人の特徴⑤】自分に自信がない

自分に自信がない人がよく衝動買いをしてしまうと言われています。

見栄を張るために高級な時計やバッグを持つことで自分を良く見せようとします。

 

中身で勝負ではなく、持っている物で勝負をしようと思っていますのでついつい衝動買いをして相手より優位に立とうとするようです。

 

【衝動買いをする人の特徴⑥】大雑把な人

大雑把な人は物事に対して深く考えません。

 

几帳面な人であれば、今現在お金がいくらあっていくら使えるといったようにきちんと計算ができます。

 

しかし、大雑把な人は考えることをしませんから、必要か必要でないかではなく欲しいという感情だけで衝動買いをしてしまうようです。

 

【衝動買いをする人の特徴⑦】ストレス

ストレスが溜まってしまうと、ストレスを発散さようと衝動買いに走る人がいます。

物を買う事でストレス解消になり、気分がスッキリするようです。

 

ですから、ストレスが多い人の家に行くと箱に入ったままの物が積んであります。

その商品が欲しいのではなく、買い物をする行為が重要なので衝動買いをしてしまいます。

 

 

衝動買いをする人の特徴を書かせていただきました。

当てはまる箇所がいくつありましたか?

 

 

お金の無駄遣いの先には「買い物依存症」の恐怖!?「衝動買いをする人」を改善する「9つのポイント」を徹底解説!!

衝動買いを卒業するためのコツとは!?

今まで自分では衝動買いをしていると気づいていなかった人もいると思います。

 

しかし、衝動買いをしていていいことは何一つありません。

それが、ひどくなれば買い物依存症になりやめたくてもやめられません。

 

買い物依存症になる前に改善しなくてはいけません。

そこで、今から衝動買いをする人の改善方法を書かせていただきます。

 

参考にして衝動買いをする人から卒業していただけたらと思います。

 

【衝動買いをする人の改善方法①】欲しいのか必要なのか分ける

衝動買いをしたくなった時に、その物が自分にとって欲しい物なのか?必要な物なのか?を自問自答してみる。

 

欲しい物を買ってはいけないのでなく、必要であれば買えばいいですがただ、欲しいだけでは無駄になる可能性があるということです。

 

【衝動買いをする人の改善方法②】安物買いの銭失い

人はセールと聞くと心がウキウキします。

それはお店の戦略であり、さほどお得感はないのです。

 

本当に必要なものであれば、お金をかけて下さい。

安いからというだけで物を衝動買いしてしまうと、安物買いの銭失いになることを認識して下さい。

 

【衝動買いをする人の改善方法③】現金主義

衝動買いをする人は現金で払うより、カード決済をする人が多いようです。

カード決済は、お金がなくなる感覚が薄いのでついつい衝動買いに拍車をかけてしまいます。

 

ですから、カード決済はせずに買い物はすべて現金支払いにする。

 

【衝動買いをする人の改善方法④】家計簿をつける

衝動買いをする人は、自分が毎月いくら使っているかわからない人が多いためきちんと何にいくら使ったかを把握する必要があります。

 

家計簿をつけることで、無駄な物をどのくらい買っているかがわかりますので予防策になります。

 

【衝動買いをする人の改善方法⑤】考える癖をつける

欲しいと思った時に、必ず最低でも30分は考える。

そして、それを買ったらどうするかをイメージしてみる癖をつけて下さい。

 

高い物を買いたいと思った時は、特に時間をかけることをオススメします。

 

【衝動買いをする人の改善方法⑥】ストレスを溜めない

ストレスを溜めこんでしまうと、人は解消しようと色々なことをします。

その一つに衝動買いがあります。

 

衝動買いをしないためにも、ストレスを溜めないようにすることが一番です。

 

【衝動買いをする人の改善方法⑦】ネットショッピングはやめる

ネットショッピングは、ワンクリックで購入できる便利なものですがついつい衝動買いに走りやすいと言われています。

 

ですので、衝動買いの癖が直るまではネットショッピングはしないようにしましょう。

 

【衝動買いをする人の改善方法⑧】自分のご褒美は年に1回

自分が頑張った時に、自分へのご褒美は決して悪い事ではありません。

しかし、問題なのはご褒美の数です。

 

頑張ったからご褒美ではなく、ご褒美は年に1回にしましょう。

 

【衝動買いをする人の改善方法⑨】お金を貯める

衝動買いをする人はお金を貯める習慣がないと言われています。

ですので、お金を貯める習慣をつけなければいけません。

 

大きな目標を立てて、そのためにお金を使う。

それまでは使わないようにします。

 

 

【まとめ】「衝動買い」に頼らないメンタルを身に付ける!大切なことは「お金とともに生きている」ことに感謝すること!!

女性の80%は衝動買いの経験あり!90%は後悔している!!

いかがでしたか?衝動買いをする人の7個の特徴と9個の改善方法を書かせていただきました。

 

人は何かのきっかけで衝動買いをしてしまうことはあると思います。

しかし、衝動買いをすることが日常茶飯事になってしまうことは問題があります。

 

単にお金の無駄遣いだけではなく、買い物依存症という中毒になるからです。

依存症になってしまえば、簡単には直りません。

 

そうなる前に、きちんと改善方法していかなければいけません。

人間は我慢という欲の抑制をすることができます。

 

衝動買いという物欲が湧いてきても理性と自制心で我慢しなくてはいけません。

 

しかし、どうしても自分では我慢できない人、ストレスを溜めやすい人、自分では直せないという人もいると思います。

 

そのような人は専門のカウンセラーに相談し、認知行動療法を使いどのような時に衝動買いをしたくなるのかなどを分析してもらい、アドバイスをもらいながらカウンセラーの先生と一緒に直していくのも一つの方法だと思います。

 

また、大人のADHDの可能性がある場合もあります。

その場合、精神科や心療内科に行き薬物療法や精神療法をする必要があります。

 

あなたがあなたらしく生きられますように応援しています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

遠藤まなみでした。

 

心の扉メンタルカウンセリング横浜
筆:遠藤まなみ

 

チャチャマル♂チャチャマル♂

まなみ先生ありがとうございました!最後まで読んでいただきありがとうございます!あなたのお役に立てれば幸いです!良かったら「いいね」「ツイート」などよろしくお願いします!!

リン♀リン♀

ほかの記事もたくさんあるので読んでもらえると嬉しいです!無料メルマガもぜひ登録してみてください!只今プレゼントキャンペーン中です!▶ 詳しくはココをクリック!!

 

 

 

あなたに合ったカウンセラーの選び方カウンセリングを受けてみましょうカウンセリングの方法・流れカウンセリングの料金・相場カウンセリングを初めて受ける方へお客様からよく頂くご質問(Q&A)ご質問・ご相談・ご予約は全国対応24時間OK