年下の男性が好きな女性

 

カウンセラーの杉本もゆるです。

▶ 杉本もゆるのプロフィール

 

あなたの周りに年下好きの女性はいませんか?

またはあなた自身、年下好きの女性ではありませんか?

 

しっかり者の女性が増えたせいなのか、甘えん坊の男性が増えたせいなのか、女性よりも男性の方が年下のカップルとよく出会います。

 

もちろん、交際するまでに各カップルの馴れ初めがありますから、あえて年上!年下!と狙ってはいないかもしれません。

 

しかし、中にはとにかく年下の男性が好き!年下以外はあり得ない!という女性も存在します。

そんな年下好きの女性には一体どのような心理が潜んでいるのでしょうか。

 

今回は、年下好きの女性の心理や幸せな恋愛を掴むための心得についてお話ししていきます。

 

シェリ♀シェリ♀

たしかに最近では「年下の男性がいい」という女性が急増しているみたいね。もちろん自立した女性が増えたことや、自分が歳を取ったといった背景もあると思うけど、「変な期待をしなくていい」「母性本能がくすぐられる」「年下なら何でも許せちゃう」といった気持ちになれるのも年下男性の魅力みたい。そんな「年下好きの女性」の心の奥には、いったいどんな心理が潜んでいるのかな?年下男性と上手に恋愛するにはどうすれば良いのかな?

ルーク♂ルーク♂

今回は「年下好きの女性」に共通する「5つの心理」や「4つの心得」などが詳しく紹介されているみたいだよ。それにセルフカウンセリングで「年下好きの女性の心理」を自己分析できるから、「年下の男性が好き、年下男性と付き合っている(年上はありえない)」という人や、「身近に年下好きの女性がいる、年下の男性と付き合っている人がいる(羨ましい…)」という人には特に参考にして欲しいね。それではもゆる先生よろしくお願いします!


【よく読まれているおすすめの関連記事】

 

 

「年下はカワイイ」「女性のオス化」「自分も若いと錯覚」!?なぜ「年下の男性を好む女性」が急増しているのか!?

今は自由恋愛の時代!でも年齢にこだわっていると、失敗する!?

昔から男性は比較的、若い女性を好みます。

 

それは結婚相談所の動きを見ていても顕著で、若い女性は若いというだけでドシドシ申し込みが来るのです。

 

しかし最近では、女性も若い男性を好む人が増えてきました。

 

女性もしっかりと安定した収入を得ている人が多いので、男性に頼り切らなくてもいい時代になったのでしょう。

 

人それぞれの異性の好みはありますが、男性も女性も年齢にこだわり過ぎていると、恋愛も結婚もうまくいきません。

 

パートナーとして本当に大切なものは何か、よく考えて相手を探しましょう。

でないと、幸せな出会いはやってきません。

 

 

「主導権を握りたい」「刺激が欲しい」「自信がある」!?「年下好きの女性」に共通する「5つの心理」とは!?

セルフカウンセリングで分かる「年下好きの女性の心理」

それでは、年下好きの女性の心理を5つ説明していきます。

この5つの説明を読み進めていきながら、セルフカウンセリングで自己分析してみましょう。

 

あなた自身に共通するものがあるかをイメージしたり、身近で当てはまりそうな人をイメージしたりするととても効果的です。

 

【年下好きの女性の心理①】主導権を握りたい

男性に引っ張ってもらうよりも、自分の方が相手をリードして引っ張っていきたいと考える女性です。

 

一見しっかり者のできる女性のようにも思えますが、我が強く少々わがままで、パートナーよりも優位な立場でいたい、負けたくない、と考えている人です。

 

【年下好きの女性の心理②】刺激が欲しい

恋愛や結婚生活に、安定よりもドキドキ感などの刺激を求めるタイプの人です。

飽きっぽい性格で子どもっぽさがあります。

 

年上や同い年の人と付き合うよりも、年下の人と一緒にいた方が、元気でアクティブ、楽しめると思っています。

 

年下の方が性欲も体力もある人が多いので、そういう意味でも満たされたいと思っています。

 

【年下好きの女性の心理③】お世話したい

好きな人の力になりたい、面倒をみてあげたい、という気持ちの強い人です。

 

年上の男性はしっかりしていることが多いですが、年下の男性は自分に甘えてきたりできないこともまだ多かったりするため、お世話できる場面がたくさんあります。

 

人から必要とされていると感じることで、自分の承認欲求を満たそうとしている人です。

 

【年下好きの女性の心理④】自慢したい

パートナーが若い男性であるということに、優越感を得ている人です。

見栄っ張りで目立ちたがり屋な性格、自己顕示欲の強い人です。

 

若い男性をパートナーにしている自分にも、相当の魅力があるのだということを周囲に誇示しようとしています。

 

【年下好きの女性の心理⑤】自信がある

自分のことを若々しくて美しいと思っているので、それに見合う相手は自分よりも若い男性だと考えている人です。

 

外見でなく、生活力や収入が高いところが自分の魅力としている人もいます。

 

偏った自信があるため、年上の男性では自分には釣り合わない、並んでいても不自然だ、などと強い思い込みを持っていることがあります。

 

 

セルフカウンセリングの自己分析はいかがでしたか?

自分や身近な人に当てはまる項目はありましたか?

 

自分や身近な人に当てはまる項目があった人は、自分の恋愛観やパートナーの理想像について、今一度考えてみましょう。

 

外見や年齢などに固執しているとしたら、要注意です。

 

 

年下男性と素敵な恋愛をするにはどうすれば良い!?年下男性の魅力に気づき幸せを掴むための「4つの心得」を徹底解説!!

共依存やもたれ合いの関係にならないために意識して欲しい「4つの心得」とは!?

それでは続いて、年下好きの女性が幸せな恋愛を掴むための4つの心得についてお話ししていきます。

 

【年下好きの女性に必要な心得①】内面を重視する

人を見る時には、外見や学歴、収入などの表面に見えるものよりも、内面に注目しましょう。

 

生涯のパートナーになるかもしれない相手なわけですから、優しさや価値観の合致などの方が重要なはずです。

 

年上、年下と決めつけずに、その人の本質を見ていきましょう。

 

【年下好きの女性に必要な心得②】依存しない

世話好きな人はどうしてもパートナーに干渉しすぎたり、言う事を聞きすぎたりしてしまうことがあります。

 

パートナーの母親のような存在になってしまっては、関係はうまくいきません。

 

また、自らの承認欲求を満たすためにしていることもあるでしょう。

人への依存心を軽くし、健全な関係を築いていきましょう。

 

専門のカウンセラーにインナーチャイルドなどの観点からカウンセリングを受けるなどして、満たされない心を癒していきましょう。

 

【年下好きの女性に必要な心得③】自信をつける

中には劣等感や自信のなさから年下の男性を選び、心の穴を埋めようとしている人がいます。

 

パートナーはアクセサリーではありません。

自分の優越感や自己顕示欲を満たすために、若い男性を選ぼうとするのはやめましょう。

 

もっと違うところを見つめて、相手を利用することのないようにパートナーとお付き合いしましょう。

 

他人から羨ましがられることが、あなたの幸せとは限らないということです。

 

【年下好きの女性に必要な心得④】対等な立場を築く

パートナーである以上、どちらが上、どちらが下というものはありません。

お互い平等で尊重し合うべき存在です。

 

相手よりも優位に立とうと思うなどせず、協調性や傾聴、譲り合いの心を意識しましょう。

わがままばかり言っていてはいけません。

 

 

【まとめ】「年下好きの女性」から「自由に恋愛できる女性」へ!大切なことは「相手に依存しない」ことと「相手を尊重する」こと!!

パートナーとの関係で一番重要なことは年齢ではなく相性

いかがでしたか?

 

年上の男性には年上の男性の、年下の男性には年下の男性の魅力があると思いますが、年齢で決めつけてしまうのは良くありません。

 

あなたを幸せへ導いてくれる人に出会い損ねてしまうかもしれないからです。

妙なこだわりは捨て、もっと自由に恋愛ができるようになるといいですね。

 

“自分は恋愛に対するこだわりが強すぎると思う”

“依存しやすいタイプかも”

“いつも恋愛がうまくいかない”

 

などと感じた人は、専門のカウンセラーに恋愛相談をしてみるとよいでしょう。

 

アドバイスだけでなく、あなたの心理面にもアプローチしてくれるはずです。

カウンセラーは、あなたが素敵なパートナーと素敵な恋愛ができることを願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

杉本もゆるでした。

心の扉メンタルカウンセリング横浜
筆:杉本もゆる

 

シェリ♀シェリ♀

もゆる先生ありがとうございました!最後まで読んでいただきありがとうございます!あなたのお役に立てれば幸いです!良かったら「いいね」「ツイート」などよろしくお願いします!!

ルーク♂ルーク♂

ほかの記事もたくさんあるので読んでもらえると嬉しいです!無料メルマガもぜひ登録してみてください!只今プレゼントキャンペーン中です!▶ 詳しくはココをクリック!!